XEマーケットが今も人気の理由に迫る!

口座からFXの資金を出金したい場合

口座からFXの資金を出金したい場合

FX比較で業者のアカウントから出金する場合、大抵は通常の入金よりも厳しい確認が必要になることが多いです。なぜかというと入金よりも出金の方が第三者に引き出されている可能性があるからです。万が一のことを防ぐために本人確認を通常よりも厳重に行いセキュリティを万全にしているのです。

ですが、FX業者によってはどうにかして出来る限り簡単、簡潔に、迅速に出金が出来る方法があるところもあります。

hiurereたとえばXEマーケットと言うところもそのようなFX業者の一つです。ホームページの「資金の出金」のページを見てみると、全ての出金方法において「24時間後に処理」と書いており、必要書類もファックスなどではなくホームページからアップロードをする事で済みますので書類とアップロードする手段が手元にあればすぐ出金手続きが完了できます。

それでもXEMarketsでは徹底したセキュリティを実施しています。入金を行った方法と全く同じ手続きで出金し、通貨も入金を行った時と同じ物での出金のみです。ですが、クレジットカードで利用した場合に、入金額よりも出金額の方が多い場合、上回った分は銀行電信送金のみで受け取ることが出来ます。なので、後でXEマーケットのバックオフィスへ問い合わせル必要があります。クレジットカードでの出金はショッピングをキャンセルしたのと同じ扱いなため、入金金額以下でしか手続き

出金時の手数料

XEマーケットでは、クレジットカードと電子決済での出金ではトレーダーに対して手数料がかかることはありません。特に電子決済は通常で1営業日以内には出金が反映されるので、非常に迅速な手続きが出来ます。クレジットカードも電子決済も条件は日本円で500円以上である必要があります。

銀行電信送金は、XEマーケット側の手数料はかかりませんが、被仕向送金手数料などの受け取る側にかかる手数料はトレーダー側が負担することになるので、受け取る口座がある銀行に手数料を確認しておくと良いです。これは200USドルから出金ができますが、出金依頼者というのが必要になります。これはホームページからのアップロードではなくスキャンしたものをメールで送るかファックスにて送るのが条件ですので、お間違いのないようにしてください。以上を踏まえると通常3営業日以内には出金が反映されます。


 FXの取引手法

FXの取引手法は取引をする通貨を使用している国の経済、政治などを分析するファンダメンタル分析とチャートを使用して過去の為替の値動きを参考にして今後の為替の値動きを分析するテクニカル分析の二つがあります。

そしてどちらの手法を使用して取引をするのがいいのかというのは一概には言えないのですが、あまり為替の知識がない人はテクニカル分析を使用して取引をしたほうがいいと言えます。

なぜならテクニカル分析をするためにはチャートの使い方をマスターすればできるからです。