XEマーケットが今も人気の理由に迫る!

XEマーケットは追証が発生しない

FXはレバレッジをかけた証拠金取引であるので、投資金額以上の損失が発生する可能性も大いにあり得るのです。日本国内でも国外でもFXのブローカーは損失により口座の残高がマイナスになって、追証の発生を何よりも避ける対策を講じているのが普通です。たとえば証拠金の維持率を低く設定する、残高が一定のレベルを下回ればマージンコールと言う警告を発する、などがあり最後の手段としては強制的にポジションを決済させるロスカットというのもあります。

通常ではこのような対策をしていれば証拠金口座の残高がマイナスになることは少ないです。ですが万が一のケースもしばしば発生しているのが現状です。様々な形で世界情勢が変動すると同時に急激に為替も変動することがあるため、注文が殺到するなどでスリッページが起こったり約定を拒否されるなどで決済が不可能になることもあります。こういった場合は、ロスカットすらできずに損失だけが拡大し、結果追証が発生してしまうという事になります。

追証ゼロサービスの凄い魅力

hiurereですが、XEマーケットではもともと証拠金残高が出来るだけマイナスにはならないようシステムを構築してる上に、追証ゼロサービスにより追証が発生しない。つまり請求されないのが凄い所です。XEマーケットでは全てのアカウントに対してマージンコールを50%、ロスカットレベルを20%と設定しております。これはほかのFXブローカーでも行っている基本的な対策ですが、一番のポイントは各アカウントタイプの証拠金口座を24時間常に監視しているという点です。

週末にかけて大きく為替変動が起こった場合、大概のFX業者ではすぐに対応できず週が明けて相場が開いた時すでに大きくマイナスになっていることがよくあります。ですがXEマーケットならそういった場合でもちゃんと対応できるのです。そこまでして、万が一口座がマイナスになったとしてもXEマーケットは追証の請求はしません。これはMT4システムが安定しており、かつ、スリッページのない高い約定力があるから出来ることなのです。

もう一つXEマーケットの大きな特徴は888倍というハイレバレッジをかけられる点です。ハイレバレッジになれば当然リスクが格段に増加し、心配になります。この点バイナリー取引の24Optionではレバの概念すらないので、利用がカンタンとされています。このXEマーケットの追証ゼロサービスと組み合わせれば投資家にとって最高の味方になってくれます。初心者も含め、全ての投資家が気軽にFXが出来る環境があるのです。


 FXの取引手法

FXの取引手法は取引をする通貨を使用している国の経済、政治などを分析するファンダメンタル分析とチャートを使用して過去の為替の値動きを参考にして今後の為替の値動きを分析するテクニカル分析の二つがあります。

そしてどちらの手法を使用して取引をするのがいいのかというのは一概には言えないのですが、あまり為替の知識がない人はテクニカル分析を使用して取引をしたほうがいいと言えます。

なぜならテクニカル分析をするためにはチャートの使い方をマスターすればできるからです。